ちんこ大きくするサプリ

【決定版】ペニス増大は大人になってから可能。仕組みから徹底解説

男性であれば一度は「ペニス」の形、大きさに悩んだことがあると思います。
しかしやみくもにサプリを飲んだり、よく効くチントレをしたりしても、いまいち効果がなかったり、実感できなかったりすることもあると思います。
ここではペニスが大きくなる理由について書いていきたいとおもいます。

ペニスが大きくなる仕組みとは?

そもそもなぜペニスが大きかったり小さかったりするのでしょうか?
そこにはその原理、仕組みがあり、そこから確認、そして認識していくことで、疑問なくペニスを増大させることに取り組めると思います。
ペニスが大きくなる仕組みとしては、陰茎にある海綿体、ここには血液を溜める役割があります。
性的興奮があると、その海綿体に血液が留まり、、ペニスは勃起します。
つまりは、海綿体の動きによってペニスが大きくなるのです。
ペニスの大きさは海綿体の働きによるところが大きいのです。
風船で例えるなら、血液という空気を入れることによって、海綿体という風船が膨らみ大きくなっていくという仕組みになっています。
では、逆にペニスが大きくならない理由もあります。

ペニスが大きくならない原因

 

原因1「血流が弱くなっている」ペニスが大きくならないのは血流が悪いという原因があるかもしれません。
汗をかきづらくなった、体の冷えを感じるようになった、ということはありませんか?
普段から運動をしている人であれば大丈夫なのですが、普通に生活をしている人であれば20代を過ぎたあたりから代謝が落ちてきます。これはつまり、血流が弱くなっているということです。
ペニスを大きくするには、大量の血液をペニスに送り込まなくてはいけません。
体の血流はかなり重要です。「血流を強くする」ということを意識しましょう。
喫煙者は要注意です。タバコを吸うとアドレナリンが分泌され、血管が収縮します。
収縮することによって血流そのものが滞り、最悪の場合はEDなどの勃起障害になることもあります。
そのくらいペニスにとって血流というものは重要なのです。
原因2「オナニーのしすぎで刺激が弱くなっている」
オナニーをすることそのものは悪くはありません。しかし毎日のようにオナニーをしていて、性的興奮への刺激に慣れてしまい、刺激できなくなることで、性的興味が衰えていきます。
ペニスは性的興奮をえさにして勃起します。もしやりすぎかな?そのせいで刺激になれてしまっているかな?と思う人はオナニーの回数を減らしましょう。
まったくしないと言うのもペニスを大きくすることの妨げになりますので、適度なオナニーを心がけましょう。
原因3「ペニスを大きくするための必要な栄養が足りていない」ペニスには必要となる栄養素があります。
その栄養素は生活の中だけでは到底足りません。
それらの栄養素は意識してとらないと摂取することがむずかしい栄養素もあるので、栄養不足が原因でペニスの大きさにストップをかけている可能性があります。

ペニスを大きくする栄養素

ペニスを大きくする栄養素として大きく分けて3種類あります。
「動物性精力成分」「植物性精力成分」「アミノ酸」です。
これらの栄養素を一度にとるには、やはりペニス増大を謳っているサプリが効果的です。
飲むだけで摂取できるので、試してみる価値はあります。
薬品ではなくサプリであり、健康食品の部類なので、副作用の心配もありません。

ペニスが大きい人の特徴

生まれつきい大きい人もいますが、例え大きい人でもこれから大きくする人でも、効果がある人には共通点があります。
その1「サプリを継続的に飲める人」サプリを飲むという行為は簡単です。しかし簡単だからこそ着実に毎日継続して飲み続けなければなりません。
このサプリを飲むことを継続的に続けられれば、ペニスの増大は大いに見込めます。
その2、「チントレをしている」継続的にペニスのトレーニングをちゃんとしている人はペニスを大きくすることができます。
その3、「適度に運動をしている」ペニスを大きくする上で、血流をよくすることはとても重要です。
血流をよくする手っ取り早い方法は「運動」です。血流をよくしてペニスにしっかりと血液を流せる状態にしましょう。
その4、「適度にセックスやオナニーをしている」これはあくまで、「適度に」が重要です。前述したようにやりすぎるとペニスが大きくならない原因になります。ペニスの大きい人は適度に無理をせず、セックスやオナニーをしています。
その5、「食生活を正して、健康を保つ」これはペニスの増大に直接関係があるわけではありませんが、大きくする上で不健康な状態では大きくする以前の問題です、食生活うぃしっかり正して、健康を保つこともペニスの増大には必要なことです。ちなみにペニスの増大に効果がある食物は「かき」「馬肉」「ブロッコリー」「朝鮮人参」「大豆」「にんにく」「レバー」「うなぎ」などがあります。
結局のところ、総じて言えることは「継続力がある人」がペニスを大きく出来ます。
ペニスの増大は1日や2日ではできません。
ペニスの血流をよくするためにはどうしたらいいかを考えて日々の生活を過ごすと徐々に変化が見られると思います。

ペニスはいつまで成長するの?

身長がある年齢から止まってしまうことと同じように、ペニスの成長もある時期から止まってしまいます。
成長するのは10代から20代前後くらいまでの思春期がメインです。
つまり自然にペニスのサイズが大きくなるのはこの時期であり、この時期で大きくなれなかった人が自分のペニスのサイズに悩んでしますことになります。
実際、個人差以外でペニスの大きさが決まる要因は何でしょうか?この時期を越えてのサイズアップは可能なのでしょうか?
最初のペニスが大きくなる時期は成長期です。
この時期にはペニス以外にも声変わり、身長、骨が太くなるなどがあります。
子供の特徴から大人の体に変わっていきます。
年齢で言うと12歳から20歳くらいまでです。
この時期に出来上がった体つきが一生の体格となるので、何もしなければペニスのサイズも一生かわることはありません。
しかし、変えようと思えばかわることはできます。前述した内容を理解、認識したうえで、サプリやチントレ、食生活、体全体の血流、などを意識的に行動に起こせば、変えられます。

日本人の平均的な大きさ

日本人の平均的な大きさは「13.56cm」です。
この長さを基準に自分のペニスの大きさは大きい方なのか小さい方なのか測れると思います。
実は、日本人のペニスの大きさの平均サイズは年々大きくなってきています。
数年前の日本人の平均サイズは「12cm」です。次に亀頭の直径も重要です。
日本人の平均は「3.53cm」です平均的な大きさを認識したうえで、自分はどこの位置まで大きくすればいいのかを考えてペニスの増大に励みましょう。

ペニスは大きい方が魅力がある

ペニスは男性である、オスであることの証明です。
このペニスの大きさが小さいということは、比例して「男としての魅力」が少ないということにもなります。
男としての魅力は、男としての自信から現れます。ペニスが小さいままでは男たる自信を持つことができるでしょうか?
ペニスのことを真剣に考えるのは恥ずかしいという考え方もあるかもしれませんが、ペニスの管理からこそ、男そのものがはじまると言っても過言ではありません。
これを機会にペニスのことを真剣に考えてみましょう。
ペニスから男としての自信をつけるために、ペニスのことを仕組みから理解して、ペニスの増大に励んで世の女性を魅了する「ペニス」を手に入れましょう!