未分類

【参考記事】ペニスは遺伝で大きさが決まるワケじゃない!増大方法を教えます!

「身長は、遺伝で決まる」

一般的に、よく言われている話ですよね。

身長だけではなく、両親から受け継いだ遺伝子から、才能が決まってしまうこともあります。

では、ペニスの大きさは遺伝するのでしょうか?

身体の特徴が遺伝するのであれば、ペニスの大きさにも遺伝の影響はありそうです。

そこで、ペニスの大きさは遺伝するのか?という事実に迫っていきたいと思います。

ペニスの大きさは遺伝するのか?

結論から言うと、ペニスの大きさは遺伝だけでは決まりません。

実は、例として挙げた身長も、遺伝の要素のみで決まることはないのです。

身長が遺伝する割合は、およそ80%。

非常に高い割合ですが、残りの20%は環境によって決まるそうです。

つまり、環境によって伸びない可能性もある訳ですね。

「身長が決まるのは、遺伝が80%、環境因子が20%」と飛田先生。

引用:「身長は遺伝ですべて決まる」はウソ?【育児都市伝説】

ペニスは、身長よりも遺伝により影響を受けにくいです。

項目 関連性 解説
肌の色 ★★★★★ 遺伝的要素が強い
体臭 ★★★★★ 遺伝的要素が強い
外性器 ★★ 胎児期のホルモン量で決まるという説が有力

出典:週刊現代

実際の研究でも、外性器に与える遺伝の影響は詳しく分かっていないのだそう。

それよりも、胎児期のホルモンの量が影響している可能性が高いです。

ですので、父親のペニスが小さいからと言って、息子のペニスも小さいとは限りません。

思春期以降のペニスの成長は、生活習慣がそのカギを握っています。

ホルモンの分泌量で、小さくなってしまうことも

「マイクロペニス」という言葉を、聞いたことはあるでしょうか。

遺伝子異常やホルモンバランスなどの影響で、ペニスが平均サイズより著しく小さくなる症状のことです。

主に7cm未満のペニスが、マイクロペニスと呼ばれます。

成人男性のうち0.6%が、マイクロペニスであることが分かっています。

なぜ、このような症状があるのでしょうか。

それは、男性ホルモンが大きく影響しているのです。

通常は成長の過程で、精巣から分泌される男性ホルモンが作用し、ペニスが成長します。

しかし、先天的に男性ホルモンの分泌が不足していると、ペニスの成長が不十分になってしまうんですね。

正常な男子では、精巣から分泌される男性ホルモンによって、男性内性器(この場合は精巣上体と輸精管をさす)が誘導され、男性外陰部が形成されていくが、先天性下垂体機能低下症等で男性ホルモンの分泌が量的に不足していた場合には、外陰部は小陰茎や二分陰嚢となり、成長が不十分な男性器となる。

引用:ウィキペディア

セックスが困難である場合は、治療として男性ホルモンの投与が行われる場合も。

このように、ホルモン分泌の加減によって、ペニスが成熟しないケースもあります。

ペニスのサイズが決まる要因

ペニスの成長は、男性ホルモンによる部分が大きいことが分かりましたね。

それでは、胎児から成人までの男性の成長を追いかけた場合、ペニスが成長するポイントはどこにあるのでしょう。

ペニスサイズが決まるのは、この2つのポイントに分かれます。

  • 胎児の時の影響
  • 第二次性徴期

胎児の時の影響

私たちの性別は、卵子が受精した時点で決められています。

そこから細胞分裂を繰り返し、男性器あるいは女性器が作られていくんですね。

ここで男性になっていく過程として、テストステロン(男性ホルモン)が分泌されます。

2ヵ月ごろまでに性別の決定に関わる性染色体の「XY」を持った胎児は、Y染色体上にあるSRY遺伝子の働きで作られた精巣からテストステロンが大量に分泌され(アンドロゲンシャワー)、「男性化」します。

引用:「男性力」は薬指に表れる、男性ホルモンと長寿との知られざる関係

ここで、どれほど男性ホルモンを浴びたかによって、男らしい特徴が決められていきます。

この時浴びる男性ホルモンは、ペニスサイズへ大きな影響をもたらす可能性は高いです。

近年、この男性ホルモンの分泌が低下しているという研究結果があるんですよ。

環境化学物質が、女性ホルモンに似た作用を起こしているためです。

環境化学物質(多くは工業製品生産に関連する物質)が女性ホルモン的な作用を発揮し、男性ホルモンの作用を低下させるからです。その結果、男の子のペニスが小さくなったり(ミクロペニスといいます)、おしっこがペニスの先端ではなくペニスの途中や根もとから出たり(尿道下裂といいます)、通常陰嚢の中にあるべき精巣が陰嚢より上の鼠径部やお腹の中に留まったり(停留精巣といいます)という現象が増えています。

引用:ちょっと気になる性の問題 第1回:小さなペニス(ミクロペニス)

こういった影響は、胎児の時も例外ではありません。

ヒトとして形成段階にあるからこそ、胎児の時に受ける影響は大きいです。

このことから、生まれたばかりのペニスは、男性ホルモンの影響を受けたものであると言って良いでしょう。

第二次性徴期

第二次期とは、身体が子どもから大人になる時期です。

身体に変化が起きる思春期が、この時期にあたりますね。

この時期に男性ホルモンが分泌され、身長が伸びたり、ヒゲが生えてきたりします。

テストステロン(男性ホルモン)には、生殖器系に関するもの以外の男性的な特徴(ひげや声変わりなどの第二次性徴)を発現させる働きがあります。

また、ペニスもこの時期に成長していきます。

しかし、この時に生活習慣が乱れていると、ペニスの成長を妨げてしまうんですね。

不規則な食生活睡眠不足が主な原因になります。

不規則な食生活とは、偏った食事ばかり摂っていることを指します。

特に思春期は、ジャンクフードに手を出しやすい環境。

放課後のファーストフード店通いやコンビニでの買い食いが、青春の1ページとして刻まれているという方も多いのではないでしょうか。

実は、この習慣がペニスの成長を妨げていた可能性が高いんです。

というのも、ジャンクフードに含まれるトランス脂肪酸は、男性ホルモンを抑制してしまうんですね。

脂っこい食事やジャンクフードは、塩分やトランス脂肪酸を多く含んでいます。これだと、栄養が偏るだけではなく、増やしたいテストステロンを抑制してしまいます。

引用:仕事でミスをするのは〇〇が足りていないから? 医師に聞く対処法4選

このことから、ペニスの成長も抑制されていた可能性が考えられます。

更に考えられる原因として、睡眠不足が挙げられます。

「寝る子は育つ」

昔からよく言われてきた言葉ですが、睡眠はペニスの成長にも、大きく関わっているんですよ。

もっとも基本となるのが『睡眠』です。テストステロンの分泌がもっとも活発になるのは深夜から明け方。つまり、夜寝ているときです。睡眠不足や質の悪い睡眠が習慣になると、テストテロンの正常な分泌が保てず、確実に減っていってしまいます。

引用:夜更かし避けて男性ホルモンを守れ! 男同士で楽しく「適度な」飲み会もオススメ 

学生時代は、試験勉強などで睡眠不足になってしまうことも珍しくありません。

ゲームをしていたら、ついつい寝る時間が遅くなってしまった…なんてこともあったでしょう。

こういった習慣の積み重ねが、男性ホルモンの分泌を妨げていた可能性があります。

思い返してみれば、心当たりがあるという方は結構多いかもしれませんね。

  • 母親のおなかの中にいた時のホルモンが、ペニスサイズにも影響をもたらす。
  • 思春期の悪い生活習慣が、男性ホルモンの分泌を妨げていた可能性大。

大人になってから増大させるには

では、すでに成熟してしまったペニスに、増大の可能性はないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

身長であれば、「ここまで伸びる」という限界がありますよね。

それは、身長が骨の成長であることが大きいです。

一方、ペニスには骨がありません。

つまり、習慣や努力次第で大きくなれる可能性があるということです。

そこで、大人になってからペニスを増大させる方法をまとめてみました。

「もう年だから」と諦めず、試してみてください。

  • 生活習慣改善
  • チントレ
  • 増大サプリ

生活習慣改善

大人になってから増大を目指すのであれば、生活習慣改善は欠かせません。

何故なら、20代以降から男性ホルモンが徐々に減っていくからです。

この現象によって、更年期障害を引き起こしてしまいます。

加齢以外でも、ストレスの影響によって男性ホルモンが少なくなることは珍しくありません。

早い人では、30代後半で更年期障害を発症する人も。

更年期障害になると、性欲減退や抑うつ、発汗やほてりなど様々な身体の不調が表れます。

この症状が原因で、勃起障害(ED)になってしまう人もいるんですね。

更年期障害を予防するためにも、ストレスを発散し、男性ホルモンを促す活動をする必要があります。

それが、運動です。

筋肉を刺激すると、男性ホルモンの分泌が活発になることが分かっているからです。

運動で筋肉に刺激を与えると、テストステロン値が高くなることが確認されている。ジョギングなどの「有酸素運動」とマシンなどを使った「筋トレ」、どちらも効果的。

引用:日経Gooday

実は、身体の中の大きな筋肉を鍛えると、多くの男性ホルモンが分泌されることが分かっています。

身体の中にある大きな筋肉は、背中と胸、下半身。

特に下半身は、人間の筋肉の7割を占めているんです。

ですので、下半身を鍛えれば、効率的に男性ホルモンを分泌することが可能なんですね。

そこでオススメしたい運動が、スクワットです。

★スクワットのやり方

  1. 足を肩幅に開く
  2. 両手は首の後ろで組む
  3. 背筋をまっすぐ伸ばす
  4. そのままひざを曲げ、お尻を下げる
  5. 太ももが床と並行になったら、一旦ストップ。
  6. そのまま5秒間キープ
  7. ゆっくり上体を持ち上げる
  8. この動作を1~3セット行う

最初のうちは、継続を目標に行っていきましょう。

他のストレッチと、組み合わせて行うのもいいですね。

スクワットが、生活習慣改善の第一歩となります。

チントレ

チントレとは、その名の通り「ペニスのトレーニング」のこと。

チントレは何種類かありますが、そのうちのメジャーな方法を1つをご紹介しますね。

それが、ジェルキングです。

ジェルキング

ジェルキングは、亀頭に血液を送るトレーニング。

亀頭に血液を送り込むことで、海綿体(※)が活発になります。
※ペニスにある毛細血管の集合体

海綿体は増大に大きく影響する部分なので、増大も期待できます。

また、この方法は、ローションやジェルなどの潤滑油が必要になります。

少し手間ですが、やり方はカンタンなので、ぜひ試してみてください。

ジェルキングをする前に、ペニスの血行を良くしましょう。

お風呂に入ったり、シャワーを浴びると良いですね。

難しい場合は、蒸しタオルを使ってください。

ジェルキングの方法

  1. ローションをペニスに塗ります。
  2. ペニスを半勃起状態にさせます。
  3. 左右の指で輪っかを作りペニスの根元にかけます。
  4. 片方の輪っかはペニスの根元に固定します。
  5. もう一方の輪っかを根元から亀頭の先までスライドさせます。
  6. 4をキープしながら5を繰り返し行います。(大体5分)
  7. 終わったらペニスに塗ったローションを洗い流します。

1日に1回、5分程度を目安に行ってください。

力を入れすぎると、静脈を傷付けてしまう危険性もあります。

優しい力加減で、行ってくださいね。

個人差もありますが、効果を実感するまでに3~6ヵ月かかります。

気長に行っていきましょう。

増大サプリ

増大サプリは、ペニスのサイズアップを図る商品の1つです。

体質を改善し、ペニスの増大を促します。

国産の場合は、自然由来の天然成分しか含まれていません。

ですので、とても安心して摂取することができるんですね。

「けど、どういう基準で増大サプリを選んだらいいのか分からない。」

そんな声もあることでしょう。

まず、増大サプリを選ぶ基準として、この3つの成分が含まれているかを確認しましょう。

シトルリン

シトルリンは、アミノ酸の1つ。

ウリ科の植物に含まれています。

シトルリンは、体内の一酸化窒素(※)を生成する効果があります。
※血管を柔らかくし、血流を良くする成分

この作用により、体内の血流が改善されるんですね。

この効果が、ペニス増大には欠かせません。

勃起をする時、必要になるのが海綿体(※)に送られる血液量だからです。
※ペニスにある毛細血管の集合体

しっかり海綿体に血液が送られれば、ペニスは硬く勃起することができます。

そのために、血流を良くする必要があるんですね。

実際、シトルリンは多くの増大サプリに含まれています。

それほど、効果が実感できるという証ですね。

アルギニン

アルギニンもアミノ酸の1つです。

肉類や魚類、大豆製品に含まれています。

シトルリンと同じように、一酸化窒素を生成する効果を持っています。

しかも、この効果はシトルリンと同時摂取することで、倍になるんですね。

そのため、増大サプリにはこの2つの成分がセットで含まれている場合が多いんですよ。

まさに、増大サプリには無くてはならない成分と言えます。

そして、アルギニンには、成長ホルモンを促進させる効果もあるんですね。

この効果により、海綿体の成長が期待できます。

亜鉛

亜鉛は、細胞の新陳代謝をサポートする成分。

海外では「セックスミネラル」と呼ばれ、性機能にも良い影響を与えます。

特に増大サプリで注目されるのが、男性ホルモンの促進効果です。

男性ホルモンの促進は、性欲を増進させ、勃起力アップを促してくれるんですね。

この他にも、亜鉛には精子の質を上げてくれる効果があります。

亜鉛は男性の前立腺・性腺や精液に高い濃度で存在しています。さらに性的な機能を正常に保つ力があり、男性ホルモンであるテストステロンとも関係があると考えられています。タンパク質合成や細胞分裂に不可欠で、性ホルモン合成・精子生成など、男性の妊娠力になくてはならない成分です。

引用:男性に積極的に摂って欲しい栄養素と使いまわせる万能レシピ3選

この効果により、精子の数が増え、質の良い精子が作られるようになります。

増大サプリを選ぶ時の基準として、亜鉛が含まれているかどうかは、重視してほしいポイントです。

  • 生活習慣改善…スクワットを実践してみましょう。
  • チントレ…ジェルキングを試してみてみましょう。
  • 増大サプリ…シトルリンとアルギニン、亜鉛が含まれているものを選びましょう。

ペニスは遺伝では決まりません!努力次第で増大は可能

「自分のペニスはこれ以上成長しない…。」

先にお伝えしたように、ペニスは遺伝的要素が低いです。

ですので、諦めないでください。

当時の生活習慣は変えられませんが、今の習慣は変えることができます。

  • 生活習慣改善
  • チントレ
  • 増大サプリ

小さな一歩ですが、コツコツ続けていくことで、増大効果が期待できます。